オンラインカジノの税金に関する注意点

オンラインカジノで勝つことができた場合、もちろん嬉しい気持ちになるでしょうが、金額が大きい場合は税金面の注意をしなければなりません。当然ながらオンラインカジノで獲得した賞金も、一時所得の扱いとなりますから、金額によっては課税対象になる可能性があります。基本的には、年間で50万円を超える利益を得た場合には、納税義務が発生し確定申告をしなければなりません。逆に、50万円までは特別控除が適用されるので、それ以下の利益であれば課税対象外となります。

したがって、確実に税金を払いたくないと思っている場合には、年間の利益を50万円以下に抑えるのが望ましいです。もっとも、日頃から収支をきっちりとつけている人は少ないでしょうから、自分がどれぐらい稼いでいるのか把握していない人も多いでしょうし、そもそも勝っているのか負けているのかすら分からない人もいると思われます。もっとも、お小遣い程度の遊びで取り組むぐらいなら、課税対象となる可能性は低いので、あくまで本格的にプレイする人が意識すべきことと言えます。

さて、オンラインカジノの税金に関して、もう1つ注意しなければいけないこととして、負けた分は利益から差し引くことができないという点があります。例えば、1回目に30万円勝ち、2回目に20万円負け、3回目に30万円勝った場合、純粋に計算すれば40万円のプラスとなります。しかし、確定申告の際は2回目の20万円負けが考慮されないので、60万円の利益が発生したという扱いになり、税金を払わなければならないのです。この計算方法を間違えてしまうと、納税義務があるにも関わらず、課税対象外だと勘違いしてしまう可能性があるため、十分に注意するようにしましょう。

【ルーレット】必勝法・攻略法・ルールを紹介!←こちらの最新記事もチェック