ワードプレスで作ったLPにアクセスカウンターを設置する

Webサイトを作る場合、アクセスカウンターを設置する事があります。これを設置しておけば、誰でもどれだけアクセスしているサイトであるかが分かる為、人気サイトであるかどうかが一目が分かるからです。サイトへのアクセスが多ければ、人は興味を持ち、コンテンツを読んでみようと心理が働く為です。オンラインショップへの誘導を行ったり、商品やサービスに関する概要を詳しく行ったりするランディングページでもアクセスカウンターを使えば、集客力を向上させる効果が発揮出来る場合もあります。但し、それは十分にSEO対策などを行っておき、ランディングページへのアクセスが集中しやすい環境を構築している事が前提となってきます。ワードプレスでランディングページを構築するには、アクセスしてきたネットユーザーがコンテンツを読み易いようにLPのデザインを構築していく事が重要です。アクセスカウンターの設置をするのであれば、ランディングページにマッチするようなデザインにしていく事も必要でしょう。
ワードプレスは、複数のページを作成したり、管理したりするのに便利です。通常のWebサイトであれば、ページ数が多く、カテゴリー分けをして運用する事が多いですので、ワードプレスによる運用は管理者にとっては良い環境を提供してくれます。ランディングページでも同様であり、シングルページ構成のランディングページが複数ある場合には、どのようなランディングページを公開・非公開しているのかを確認しやすい環境を作る事ができ、SEO対策の改善を実施する事によって宣伝効果を高められます。高性能な機能を搭載する必要が無いランディングページの運用は、個々のページが一つのコンテンツとして成立していますので、取捨選択がしやすいと言えます。
ワードプレスを使ったランディングページの作成は、テンプレートの改良によって様々なタイプのランディングページの作成が出来て便利です。また、テンプレートを複数用意しておく事で、レイアウトやデザインを即座に変更したり、サイドバーやアクセスカウンターなどの設置をした物をそれぞれ用意しておけば、必要に応じてランディングページに適用する事が可能となります。ランディングページのデザインは、アクセスカウンターなどの設置によっても変わってきます。その為、Webパーツを追加する時には、ランディングページのデザインにマッチした物を選んだ方が統一感があります。