ワードプレスで作ったLPにアイキャッチを加える

通販会社がネットで商品を販売し、売り上げを上げていくにはランディングページの公開を行います。ランディングページは、近年オンラインショップを展開している企業であれば、必ず設置している宣伝用のページであり、これを使って商品に興味を持った人々をオンラインショップへと誘導させるのが目的です。通常のネット広告の場合、広告代理店に依頼しますが、ランディングページの場合は自社で制作するオウンドメディアとしても使えますので、使い勝手が良いのが利点です。オウンドメディアとしてランディングページを活用していけば、企業が思いついた表現を実現して宣伝していく事が出来ます。しかし、宣伝効果を発揮するには、SEO対策を十分に行っておく事が大切です。
ワードプレスを使って通販のランディングページの改善を行う際に行っておくと見栄えや読み易さが格段に向上するのがアイキャッチ画像の追加です。この機能を使うには、ワードプレスで用意されているAPIをワードプレスの関数PHPファイルに追加して管理画面にログインするだけです。管理画面にアイキャッチ画像を使うかどうかを指定出来るチェックボックスが追加されていますので、チェックを入れておきます。アイキャッチ画像を使う事で、コンテンツ記事の内容を画像で表現する事ができ、ランディングページにアクセスしてきた人々が一目で何が書かれている記事にリンクされているのかが分かるようにします。通販では、多数の商品が販売されていますので、商材写真のサイズを変更してアイキャッチ画像とする事で見栄えの良いページ作りが行えます。
通販向けのランディングページを活用していく事で、幅広い人々に商品を知ってもらい、オンラインショップへ訪問してもらえる可能性を高められますので、充実したコンテンツを用意し、注目しやすいアイキャッチを設置する事で興味深いランディングページに仕上げていく事が出来るでしょう。ランディングページのイメージは、配色や使用する商材写真、レイアウトによって大きく変えられます。消費者のターゲット層を考慮してデザインをしていく事で、ランディングページの集客力を向上させ、オンラインショップのコンバージョン率を上げていく可能性が高くなります。アイキャッチ画像は、PC向けのサイトとの相性が高いですが、スマートフォン向けのサイトでも効果的に使えます。スマートフォンのディスプレイに合わせて画像を作り上げるように調整しておけば、文章で長々と説明するよりも画像を見る事で商品の内容をイメージしやすくなります。