ワードプレスのアナリティクスを有効に活用しよう

ホームページを作成した際には、より多くの人に閲覧してもらうことが必要ですが、単純に良いコンテンツを作成したと言うだけでは現代のインターネットではアクセスを増やすことはできません。インターネットのホームページはその存在を一般の人に知ってもらうことが非常に難しいため、様々な手段を講じることが必要になります。その一つが検索エンジンを利用する方法で、顧客が探したいキーワードに対応する対策を盛り込むことで上位に表示させることが可能になります。これをSEO対策といいます。

SEO対策を行う方法はいろいろありますが、どのような形でアクセスをされたかを解析し、その結果をもとに効果的にSEO対策を行うことがアクセス数を増やすための重要な鍵となります。検索エンジンから見つけられたのか、他のページからリンクされたのかなどを解析することで効果的なSEO対策が行えるようになります。しかしこれを解析するためには専用の分析ツールが必要になり、一般的にこのツールは有償であるため導入に踏み切れないサイト管理者も少なくありません。

ワードプレスではこれらの情報を手軽に解析できるアナリティクス機能を標準的に装備しています。この機能をワードプレスで作成したホームページにプラグインすることで、サイトのアクセスがどのような形で行われたのか、またはどのような端末からアクセスされたのかなどを解析することができるため、サイトのアクセスを高めるための対策が絞り込みやすくなるメリットがあります。特に通販サイトなどでは閲覧数を増やすことが最初の課題になりますが、ワードプレスのアナリティクス機能を導入することで、注力すべき対策が明確になるメリットがあります。特に利用者が最初に閲覧するランディングページにおいては、様々なアクセス手段からアクセスされるため、このアクセス手段をワードプレスのアナリティクス機能で解析しておくことで、その手段に対するSEO対策を強化することで、より効率的にアクセスを増やすことができるのです。この手法は多くのランディングページにおいてよく行われており、特に同じ商品を様々なサイトで販売している化粧品のランディングページの費用を削減する方法としても効果的に利用されており、効率的に通販サイトを運営する方法として注目されています。ワードプレスはホームページ自身の編集を効率的に行えることで多くの利用者を得ていますが、アナリティクス機能をプラグインすることで効率よくSEO対策が行える点にも大きなメリットがあります。