ワードプレスはアドセンス広告を設置できるのも特徴

ワードプレスは、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の一つで、ブログ形式で簡単にホームページが作成できるツールのことを指します。手軽にページの作成と更新を行えて、無料で使用できるので、非常に人気の高いツールです。サイトやブログを作成する際には、HTMLやCSSの知識が必要になりますが、ワードプレスを利用する場合にはそのような専門的な知識もスキルも必要無く、文章や画像といったリソースを準備できればサイトやブログを公開することができるのです。豊富なプラグインが用意されているので、プログラミングを行う必要もなく、各種フォームの作成や画像の設置等も簡単にできてしまいます。ただし、プラグインの中には日本語に対応していないものもあるので、導入する際には注意が必要です。

また、ワードプレスは、アドセンス広告の設置ができるのも特徴です。アドセンスとは、Googleが運営しているクリック報酬型のアフィリエイトサービスのことです。クリックされれば収益が増える広告として、初心者にも人気のサービスですが、ガイドライン違反に厳しい面があります。また、アカウントは1人1つまでしか登録できないので、ガイドライン違反でアカウントを停止されてしまうことがないように注意して広告の設置を行いましょう。Google AdSenseアカウントの申請にはGoogleアカウントと、ワードプレスで作成したサイト、ブログが必要になりますので、事前に作成しておきましょう。申請用のサイト、ブログでは規約に違反しないことはもちろんのこと、申請前に30記事以上作成しておきましょう。また、1記事1000文字以上あることが望ましく、コピペはせずにオリジナルの記事であることが絶対条件と言えます。

まず重要な点は、アドセンス広告の収入は設置する場所によって大きく変わってくるということです。
サイト、ブログのジャンルや構成によって良い設置場所は異なるのですが、共通して言えることは、後から変更しやすいようにしておくことが大切であるということです。
グーグルアドセンスを表示する為には、申請が完了した後に広告コードを入力する必要があります。
広告は三つまで表示できるのですが、全ての記事に広告コードを入力していくのはなかなか大変な作業になります。そんな時にはAdSense Managerというプラグインを利用することで、作業が楽になります。

このように、ワードプレスは無料で手軽にサイトを作れるのが魅力です。更にアドセンス広告の設置を行うことで収益の向上が期待できます。そのため、アドセンスはこれから更なる注目を集めそうです。