ワードプレスを使ったアプリ開発と運用

ワードプレスは、ブログだけでなく、ランディングページやWebアプリ、オンラインショップやコーポレートサイトなど多彩なWebメディアを作る事が出来ます。このワードプレスには、マルチサイト機能やテンプレート機能が搭載されており、それらの機能を使う事で、高機能なWebメディアで消費者に商品を訴求していく事が可能です。LPと制作を考える際には、如何にして短期間でサイト構築をしてサイトの運営が出来るのかという事を考える必要があります。ワードプレスを使えば、複雑で中規模以上のオンラインショップやWebアプリの開発も行え、マルチサイト機能によって複数のサイトやランディングページの運用を行っていく事が出来ます。
オンラインショップは、電子商取引を行いますのでショッピングカート機能が必須です。この機能を搭載するには、サーバサイドプログラムで実現する必要がありますが、近年では、オンラインショップのニーズが高まった事によって、多くの企業がショッピングカートサービスを提供しています。外部のショッピングカートサービスを使用すれば、ワードプレスで構築したオンラインショップで一から電子商取引機能を開発する必要はありません。オンラインショップに電子商取引機能を追加する事が出来れば、後はオンラインショップへの誘導を行って、消費者に商品を買ってもらう事に注力していけば良いです。
スマートフォンのアプリとランディングページを連携させる方法はいくつかありますが、普及している方法としてはQRコードの活用があります。QRコードはランディングページやチラシなどに設置しておけば、そのQRコードをQRコードアプリを使って読み込み、オンラインショップに直接アクセスさせるといった事が出来ます。QRコードを使う時には、何らかのキャンペーンを展開して関連付けておけば、商品に興味を持ったユーザーだけでなく、キャンペーンに反応した消費者もサイトにアクセスしてもらえる切っ掛け作りが行えます。ワードプレスを使ったランディングページの制作は、自由度を高めたり、他のWebメディアとの連携を図ったりするのに有効な方法です。ランディングページは一ページ構成のWebページですので、SNSを埋め込んだり、SNSボタンを追加したりといった事も行えます。ネット上での繋がりを拡大していく事によって、多くの消費者に商品の存在を知ってもらい、ランディングページなどを通して購買意欲を高めてもらえます。