ワードプレスにプラグインを導入するメリット

つい最近まで、魅力的なランディングページを作成するためには、業者に1ページあたり何万円も支払って外注していたものです。実際に、専門的な知識がなければ、ランディングページなど、素人には作成することはできませんでしたし、仮に作成したとしても、集客できるもの魅力的なものにはなりませんでした。ところが、ワードプレスの出現でこれまでの常識は全く覆ることになりました。誰でも簡単に集客できるランディングページを作成することができるようになり、最新のオンラインマーケティングの世界では、ワードプレスを使用するのが一般常識になりつつあるのです。
これだけ、オンラインビジネスの世界で普及した背景には、コストが圧倒的に安い、簡単な操作でテーマを素早く切り替えることができる、ユーザーの好きな時に更新できるといったことが上げられますが、忘れてはならないのがプラグインの存在です。集客に対して強力なランディングページを作成しようとする場合、テーマを変更するだけでは物足りません。例えば、ワードプレスとソーシャルネットワークと連携させ、ページの更新とともに、その更新情報を拡散させたり、サイトマップを自動で作成させたりするプラグインは、操作性の向上と集客には欠かせないものとなっています。ただし、注意しなくてはならないのが、プラグインの導入数です。便利だからといって、あれこれと詰め込んでしまうと、サイト全体が重くなってしまい、ユーザーからは不便なサイトとなってしまいます。裏を返せば、それだけ魅力的なプラグインがたくさんあるという事にもなります。
このように、ワードプレスは、コストパフォーマンスと操作性に非常に優れている上、豊富なプラグインで、魅力的で美しいランディングページを簡単に作成することが可能となりました。そこで、今後大切になってくるのが、作成者のアイディアになってきます。確かに、ワードプレスをインストールし、商品やサービスにマッチしたテーマを選択し、集客やページ更新に便利なプラグインを選択すれば、平均点のランディングページは作成できます。しかしながら、誰もが同じレベルのものは作成できますから、やがて淘汰されてしまいます。そこで、大切なのが、作成者のアイディアや意図するところをしっかりとランディングページに反映させることです。もちろん、何も難しいことではありません。それを簡単に実現できるのがワードプレスの魅力であり、醍醐味なのです。